Contents

  • ホーム
  • 協会概要
  • 会員社
  • 会報
  • 各種調査報告
  • ビデオレンタルシステム
  • ビデオコピライトFAQ
  • 上映・業務用をご利用になるには
  • アクセスマッ
  • 日本映像ソフト協会 40年の歩み
  • ビデオ用語集
  • DVD周辺技術講座
  • DVDビデオの取り扱いについて
  • ブルーレイディスク関連情報
  • ISANについて
  • 著作権法
  • 台湾向け原産地証明について
  • 入会のご案内
  • リンク
  • お問い合わせ
ホーム > ビデオレンタルシステム > JVA個人向けレンタルシステムの手引き(1)

ビデオレンタルシステム

1. JVA個人向けレンタルシステムとは

ビデオソフトは『映画の著作物』として著作権法によって保護されていますので、これを公衆にレンタルするには、ビデオソフトメーカーや原作、シナリオ、音楽の各著作権者から許諾を受けなければなりません。「JVA個人向けレンタルシステム」は、これらの煩雑な権利処理を避けるために、日本映像ソフト協会が邦画を中心としたソフトメーカー10社から頒布権行使の委託を受け、その他の権利者団体とともに一括して、ビデオレンタルショップを経営される皆様にレンタル業務の実施を許諾することを内容としています。