Contents

  • ホーム
  • 協会概要
  • 会員社
  • 会報
  • 各種調査報告
  • ビデオレンタルシステム
  • ビデオコピライトFAQ
  • 上映・業務用をご利用になるには
  • アクセスマッ
  • 日本映像ソフト協会 40年の歩み
  • ビデオ用語集
  • DVD周辺技術講座
  • DVDビデオの取り扱いについて
  • ブルーレイディスク関連情報
  • ISANについて
  • 著作権法
  • 台湾向け原産地証明について
  • 入会のご案内
  • リンク
  • お問い合わせ
ホーム > ビデオコピライトFAQ > Q&A(7)

ビデオコピライトFAQ

Q7. ビデオソフトをコピーサービスを利用して複製することは違法ですか?

A.

有料の場合はもちろん、無料であっても違法です。

自分自身や家族などが使用する目的で複製することはできますが、その場合には使用する人が複製しなければなりません。業者を使って複製することを認めてしまうと複製される量が大きくなり、著作権の保護に欠ける事態になりかねないからです。

コピーサービスとは、一般的にお客さまの注文に応じて、録画済みのビデオソフトを店の機器を使って別のDVD ディスク等にコピーすることをいいますので、著作権が制限されるケースにはあたりません。通常のビデオソフトの場合、著作権者が店頭でのコピーを許諾することは実際にはありえませんので、このような方法で複製することはできません。

また、通常のビデオソフト以外でも、テレビ番組を録画したものであれば、テレビ局や番組制作会社等が番組や放送について持っている複製権等を侵害することになりますので、この場合もコピーサービスを利用して複製することはできません。