Contents

  • ホーム
  • 協会概要
  • 会員社
  • 会報
  • 各種調査報告
  • ビデオレンタルシステム
  • ビデオコピライトFAQ
  • 上映・業務用をご利用になるには
  • アクセスマッ
  • 日本映像ソフト協会 40年の歩み
  • ビデオ用語集
  • DVD周辺技術講座
  • DVDビデオの取り扱いについて
  • ブルーレイディスク関連情報
  • ISANについて
  • 著作権法
  • 台湾向け原産地証明について
  • 入会のご案内
  • リンク
  • お問い合わせ
ホーム > ビデオコピライトFAQ > Q&A(6)

ビデオコピライトFAQ

Q6. 海賊版の見分け方はありますか?

A.

海賊版は、次のような点から見分けることができます。

日本映像ソフト協会加盟の多くのビデオソフトメーカーは、レンタル用商品について「レンタル専用」と記したホログラムシールを貼付したり、「レンタル専用」と記したJVAマークを印刷したりしています(過去においては、ビデオカセットテープにも、当協会のマークのついたセル用(金色)、レンタル用(銀色)のホログラムシールが用いられていました)。ホログラムシールは、コピーすると模様がつぶれて真っ黒になってしまったり、はがした場合に模様がくずれてしまうため、海賊版に貼ることはできません。

また、海賊版はDVD-Rなどの録画用のメディアを使ってラベル部分をカラーコピーするため、ラベルが色にじみしていることが多いという特徴があります。それから、真正品が発売されていないはずの作品が販売されている場合(劇場公開のみで、DVD発売はまだされていない作品等)も、海賊版のおそれがあります。こんな点も海賊版を見分ける方法です。

日本映像ソフト協会のホログラムシールマークデザイン
レンタル用ホログラムシール

※一部デザインは実物と異なっています