Contents

  • ホーム
  • 協会概要
  • 会員社
  • 会報
  • 各種調査報告
  • ビデオレンタルシステム
  • ビデオコピライトFAQ
  • 上映・業務用をご利用になるには
  • アクセスマッ
  • 日本映像ソフト協会 40年の歩み
  • ビデオ用語集
  • DVD周辺技術講座
  • DVDビデオの取り扱いについて
  • ブルーレイディスク関連情報
  • ISANについて
  • 著作権法
  • 台湾向け原産地証明について
  • 入会のご案内
  • リンク
  • お問い合わせ
ホーム > ビデオコピライトFAQ > Q&A(3)

ビデオコピライトFAQ

Q3. ビデオソフトの著作権者とその権利処理の仕組みについて、もう少し具体的に教えて下さい。

A.

ビデオソフトに関する著作権者は以下の人々です。

ビデオソフトは映画の著作物です。映画の制作にはたくさんの人が関わっていますので、ビデオソフトについての著作権を持つ人もたくさんいます。

また、俳優や歌手などの著作物を実演する人も著作隣接権という権利を持っています。

ビデオソフトのオリジナル制作の権利図

ビデオソフトメーカーは、こうした方々の許諾をいただきビデオソフトの利用の仕方に応じた使用料を支払っています。

ビデオソフトの複製・上映・頒布に関する権利処理と使用料の関係図